メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野党、河井夫妻らに政倫審で説明求める方針で一致 国対委員長会談

野党国対委員長会談に臨む立憲民主党の安住淳国対委員長(中央)ら=国会内で2020年1月16日午前10時半、川田雅浩撮影

 自民党の河井克行前法相(衆院広島3区)と、妻で同党の案里参院議員(広島選挙区)の地元事務所が公職選挙法違反容疑で広島地検の家宅捜索を受けたことを巡り、立憲民主党など野党は16日に国対委員長会談を開き、両氏らに衆参両院の政治倫理審査会(政倫審)での説明を求める方針で一致した。

 20日からの通常国会を控え、野党は「桜を見る会」を巡る問題や、カジノを含む統合型リゾート(IR)事業を巡る汚職事件とともに攻勢を強めている。

 河井夫妻は15日夜、東京都内で個別に取材に応じ、地元支持者らに「心配をかけ、申し訳ない」などと陳謝した。しかし「捜査中」を理由に詳細は説明しなかった。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  4. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです