メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党本部、河井案里氏を優遇 競合候補の10倍1.5億円資金提供 案里氏「違法性ない」

昨年の参院選前に自身と夫の河井克行前法相がそれぞれ代表を務める政党支部に、自民党本部から計1億5000万円の資金が入ったことについて記者団の質問に答える河井案里参院議員=国会内で2020年1月23日午後0時5分、川田雅浩撮影

 2019年参院選の広島選挙区(改選数2)を巡り、自民党が議席独占を目指して擁立した2人の公認候補への党本部の支援に明らかな格差があったことが判明した。当選した新人・河井案里参院議員側に約1億5000万円が振り込まれた一方、6選を目指し落選した溝手顕正・元防災担当相の陣営には1500万円。案里氏は、安倍晋三首相に近い河井克行前法相(衆院広島3区)の妻で、党本部の肩入れぶりが金額でも露骨に出たようだ。

 …

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文989文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 「学長人事にも適用されかねない」 苅部直氏が指摘する任命拒否の「最大の問題」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです