メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開門前に多数入場「安倍首相ツアーではないか」と野党議員 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

「桜を見る会」野党ヒアリングで説明する官僚に事実を詰める野党議員ら=国会内で2020年1月23日午後5時27分、山下貴史撮影

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の問題を巡り、野党の合同追及本部は23日夕、この日2回目となるヒアリングを行った。内閣府が参院予算委員会の理事懇談会に提出した文書「2013~19年の入園者集計表」について政府側の見解を求めた。この文書では、開門時間前に多数の入場者があったことが明記されており、野党側は「午前8時の開門前に、安倍後援会事務所のバスツアー参加者が多数入場したのではないか」と迫った。主なやりとりは以下の通り。【山下貴史、江畑佳明/統合デジタル取材センター】

 黒岩宇洋衆院議員(立憲民主) 新たに見つかった書類(2013~19年の来場者集計表)について。その経緯と概要の説明を。

この記事は有料記事です。

残り3232文字(全文3528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  4. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです