メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山本太郎氏の都知事選擁立に野党から期待の声 再編機運再燃にも期待

れいわ新選組の山本太郎代表=山下浩一撮影

 投開票まで半年を切った東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)を巡り、立憲民主党、国民民主党、共産党など主要野党内で、統一候補として、れいわ新選組の山本太郎代表の擁立を期待する声が上がり始めた。野党にとって知名度の高い山本氏は数少ない有力候補で、野党共闘の「象徴」にもなり得るとの期待感があり、動向に注目している。

 立憲の長妻昭選対委員長は23日のBS日テレの番組で、山本氏擁立について「他党の意見も聞かなければいけないが、十分検討の余地はある」と前向きな姿勢を示した。同党幹部は「選対委員長の発言は重い。『観測気球』を上げたのではないか」とみる。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  4. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  5. 大阪モデル「黄信号」点灯 未就学児含む32人新たに感染 宣言解除後で最多

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです