メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

予算委員長「大臣、答えられますか?」 北村担当相の答弁詳報

衆院予算委員会で「桜を見る会」を巡る公文書管理の問題について答弁する北村誠吾地方創生担当相=国会内で2020年2月6日午前10時20分、川田雅浩撮影

 公文書管理を担当する北村誠吾地方創生担当相は6日の衆院予算委員会で、国民民主党の後藤祐一氏や立憲民主党などの統一会派の今井雅人氏(無所属)の質問に対し、直接答えなかったり、答弁内容が変わったりする場面があった。不安定な答弁に対し、今井氏は「とても大臣を続けられるとは思えない」と述べた。後藤、今井両氏と北村氏の主なやり取りは以下の通り。

 後藤氏 桜を見る会に関しての推薦者名簿です。配布資料の5ページ目です。実際に保存されていたものは一番上のもので、部局名として「内閣官房内閣総務官室総理大臣官邸事務所」と書かれています。これが昨年11月22日に参院の予算委員会の理事懇談会に提出された際には、白塗りになっていた。これは公文書の改ざんではありませんか。

 北村氏 ご指摘の案件については、国会提出資料のうち、特定の記載を消して、その旨を説明しなかったものであるとの概要を公文書監察室から聞いています。以上です。

この記事は有料記事です。

残り3776文字(全文4181文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです