メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

静岡補選、背水の岸田派 「選挙弱い」一掃図る

 自民党の望月義夫元環境相の死去に伴う衆院静岡4区補選(4月14日告示、同26日投開票)まで2カ月と迫った。自民党は新人の元県議、深沢陽一氏(43)を擁立し、3年半ぶりの国政補選勝利を目指す。野党は、元東京都議で新人の田中健氏(42)への支援を巡り、立憲民主党と国民民主党の調整が整わず、足並みがそろっていない。

この記事は有料記事です。

残り1231文字(全文1387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

  2. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

  5. 百田氏も「なんやねん」 布製マスク配布に右派も反発?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです