メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「選挙は勝てなきゃ…」自民党本部の二階氏が都連押し切る 都知事選で小池氏支援へ

自民党の二階俊博幹事長=川田雅浩撮影

 東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)への自民党の対応は、党本部の二階俊博幹事長が押し切る形で、現職の小池百合子知事を支援する方向に傾いた。独自候補の選考が難航する党東京都連にとっても、新型コロナウイルスの感染が広がり、東京オリンピック・パラリンピックの延期が決まった状況下で、振り上げた拳を下ろしやすい環境になっている。

 「選挙は勝てなきゃしょうがない。勝てる候補を出すことを念頭に、十分話し合っていきたい」。二階氏は24日の記者会見で都連幹部と会談すると明かした上で、小池氏の都政を「立派に活躍されている」と評価した。党幹部は独自候補擁立について「もうそういう段階ではない。五輪延期のこともあり、対抗馬を立てて戦うのは無理だ」と指摘する。

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 東京の感染者、新たに10人確認 50人以下は21日連続

  5. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです