メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最年少女性市長・内藤氏に「『女性だから』に縛られず政策進めてほしい」 前大津市長・越さん

徳島市長選の当選から一夜明け、有権者にあいさつをする内藤佐和子さん(左)=徳島市で2020年4月6日午前8時13分、望月亮一撮影

 全国史上最年少の女性市長として、徳島市長選に初当選した内藤佐和子氏(36)は、一夜明けた6日、市内で記者会見を開き、「若者世代・子育て世代を中心に、わくわくした街へみんなで前に進みたいという期待感に投票してもらったと思う。応えられるように、早急に楽しい街づくりをしたい」と意気込んだ。

 内藤氏の初当選に対し、これまで最年少女性市長だった前大津市長の越直美さん(44)は6日、毎日新…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです