メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

N国、同姓同名「小池百合子」擁立も 立花氏「新型コロナ対策受け入れなければ」

NHKから国民を守る党の立花孝志党首=国会内で2019年9月9日、川田雅浩撮影

 NHKから国民を守る党の立花孝志党首は10日の記者会見で、同党が求める新型コロナウイルス対策を東京都の小池百合子知事が受け入れなければ、7月5日投開票の東京都知事選で、小池氏と同姓同名の候補者の擁立を目指す考えを明らかにした。どちらの候補者への投票か見分けられない1票があった場合、得票数の割合に応じて配分(案分)される。立花氏は「小池氏の票をいくらか減らし、当選しづらくなる選挙運動を展開したい」と語った。

 都知事選で公約する新型コロナ対策として、立花氏は「都内の電車を止めて(通勤客などは)タクシーを利用する。それに対して助成をする」と表明した。都民1人あたり50万円の一律給付、東京オリンピック・パラリンピックの中止なども掲げた。そのうえで、小池氏がこうした対策をやらなければ、同姓同名の「小池氏」を擁立するとした。

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 飲食店でクラスター 神戸で初 県内新規感染は48人 /兵庫

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです