メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院静岡補選 完全防備で開票作業 換気徹底、フェースガード

新型コロナウイルス対策で手袋やフェースガードなどを着用して衆院静岡4区補選の開票作業をする市職員ら=静岡県富士宮市で26日、手塚耕一郎撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化してから初の国政選挙となった衆院静岡4区補選。26日夜の開票作業では、換気のために会場の窓を開け放ち、自治体職員たちがフェースガードなどを着用して作業に当たった。選挙管理委員会の担当者は「前例のない選挙だ」と口にした。

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  2. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  5. 全国で新たに622人確認 3カ月ぶり600人超え 緊急事態解除後、最多

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです