メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院静岡補選 完全防備で開票作業 換気徹底、フェースガード

新型コロナウイルス対策で手袋やフェースガードなどを着用して衆院静岡4区補選の開票作業をする市職員ら=静岡県富士宮市で26日、手塚耕一郎撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化してから初の国政選挙となった衆院静岡4区補選。26日夜の開票作業では、換気のために会場の窓を開け放ち、自治体職員たちがフェースガードなどを着用して作業に当たった。選挙管理委員会の担当者は「前例のない選挙だ」と口にした。

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  5. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです