メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄県議選 29日告示 辺野古を覆うコロナ

 就任から1年半、沖縄県の玉城(たまき)デニー知事の県政運営の中間審判となる29日の県議選告示まで1カ月を切った。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設に反対する玉城知事を支える、共産、社民両党など県政与党が過半数を維持するかが焦点で、結果は移設計画にも影響する。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言下での前哨戦で、与野党とも手応えをつかみきれないでいる。投開票は6月7日。

この記事は有料記事です。

残り1415文字(全文1618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. JR東が終電繰り上げ、最大37分 来春、首都圏17路線

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです