メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「3密どころか酸欠」自民のコロナ対策会議 議員殺到 席詰めて白熱4時間超

多くの議員が集まった自民党経済成長戦略本部・新型コロナウイルス関連肺炎対策本部合同会議=衆院第1議員会館で2020年5月7日午後1時35分、竹内幹撮影

[PR]

 自民党は7日、経済成長戦略本部と新型コロナウイルス関連肺炎対策本部の合同会議を国会内で開いた。あらかじめ広めの会場が用意されたにもかかわらず、政府に物申したい議員が殺到。立ち見が出るほどの満員状態となり、期せずして「3密」に近い状態となった。

 会議では、減収となった事業者に対する家賃支援など新型コロナウイルスに悩む国民のためのさらなる支援が検討された。通常、党会合には国会近くにある党本部の会議室が利用されるが、この日はあえてより広い国会議員会館の大会議室を使用。密接を避けるため1席ずつ空けて準備された。入り口のドアは開いていたが、席が足りなくなるほど議員が押し寄せたため、結局詰めて座り「3密」に近い状態になってしまったという。

 党は4月中旬から「3密」対策として、外交や厚生労働など分野ごとに政策を議論する「部会」と呼ばれる会議を原則中止している。そのため、議員にとってこの日の会議は地元の意見を反映させる「貴重な場」となり、議論は約4時間15分の長丁場となった。

 ベテラン議員は「みんな言いたいことがたくさんあるんだよ。熱心なのはいいことだ」と解説するが、その熱心さがあだとなった。ある閣僚経験者は「これじゃ3密どころか酸欠だよ」と苦笑いしていた。【高橋恵子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです