メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「選択肢提示する」「危機に若い力必要」 熊本副知事の小野氏が都知事選出馬表明

東京都知事選への立候補を表明し、記者会見する小野泰輔・熊本県副知事=熊本市中央区で2020年6月2日午後3時52分、森健太郎撮影

 熊本県の小野泰輔(たいすけ)副知事(46)は2日、熊本市で記者会見し、任期満了に伴う東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)に無所属で立候補すると表明した。小野氏は「副知事としての経験を生かし、東京の強いところを伸ばしたい」と抱負を述べた。

 小野氏は東京都目黒区生まれ。東京大在学中に、当時教授だった蒲島郁夫・熊本県知事からゼミで指導を受けた。東京大法学部卒業…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 馬場ふみか、新型コロナウイルス感染 自宅で療養し経過観察

  2. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  3. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです