メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSFLASH

沖縄県議選 知事与党が薄氷の勝利

 沖縄県議選(定数48)は7日投開票され、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設に反対する玉城(たまき)デニー知事を支える共産や社民、無所属などの県政与党が25議席を獲得した。改選前から1減で、過半数(25議席以上)を維持したものの、薄氷の勝利となった。玉城知事は8日、引き続き政府に移設計画の中止を求める考えを示したが、与野党勢力の拮抗(きっこう)で綱渡りの県政運営を迫られる。自民は改選前から議席を伸ばした。政府は今後も「辺野古が唯一の解決策」として辺野古沿岸部の埋め立てを進める方針だ。

この記事は有料記事です。

残り73文字(全文327文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです