メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知事選と残された課題/上 露出増、存在感強め コロナ対応、財政は要警戒

「東京アラート」が発令され赤色にライトアップされた東京都庁=東京都新宿区で2020年6月2日午後11時10分、手塚耕一郎撮影

 4月初旬、東京都内の新型コロナウイルスの感染者は1日あたり3桁に迫ろうとしていた。感染拡大の影が忍び寄る中、東京都庁7階の知事室に近い小会議室に数台のカメラやプロンプター(原稿映写機)などの機材が運び込まれた。新型コロナ関連の情報発信を強化するため、小池百合子知事(67)の肝いりで始めるインターネット番組の準備だった。観葉植物やモニターを備えたスタジオはわずか2日で完成し4月3日から放送が始まった。

この記事は有料記事です。

残り1780文字(全文1982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです