メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「父が残した『オール沖縄』の立場で県政支える」翁長前知事の次男、県議選で初当選

当選が確実となり、万歳で喜ぶ翁長雄治氏(中央)=那覇市で2020年6月7日午後10時22分、津村豊和撮影

 7日に投開票された沖縄県議選は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設に反対する玉城(たまき)デニー知事を支える県政与党が過半数の25議席を何とか維持し、勝利を手にした。当選した与党候補は引き続き経済や地域の振興に全力を挙げる考えを示すとともに、「辺野古移設反対の民意が改めて示された」として政府に移設計画の中止を求めていく姿勢を鮮明にした。

 「これから4年間、父、翁長雄志(おながたけし)が沖縄に残した『オール沖縄』の保守の立場として、玉城県政をしっかり支えていく」。県政与党候補の一人として、那覇市・南部離島選挙区で初当選した無所属の翁長雄治(たけはる)氏(32)は当選確実の報を受け、那覇市の事務所で支持者らとバンザイして勝利を喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです