メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「基地より経済」で自民伸長 なのに「移設への理解進んだ」? 沖縄県議選を読む

沖縄県議選の結果について県庁で報道陣の質問に答える玉城デニー知事=那覇市で2020年6月8日午前8時47分、津村豊和撮影

 7日投開票された沖縄県議選は、玉城(たまき)デニー知事を支える共産党や社民党などの県政与党が、ぎりぎりで過半数(25議席以上)を維持する薄氷の勝利となった。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設に反対して政府と対峙(たいじ)してきた知事は厳しい県政運営を迫られる。政府は自民党の議席増を背景に、中断している移設工事を早ければ週内にも再開させる構えだ。

 県政与党の陣営幹部は選挙戦終盤、「改選前の26議席から上積みできる」と自信を見せていたが、玉城知事も繰り返し入り、てこ入れしたはずの激戦区で現職が相次いで落選。議席を失った現職の一人は「高齢の支持者が投票所に足を運んでくれなかった」と過去最低となった投票率(46・96%)を敗因に挙げた。

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文981文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです