メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

話題の書「女帝」の質問受けず終わった小池氏の出馬会見 問われる記者「排除」の姿勢

東京都知事選への出馬を表明する小池百合子知事=東京都庁で2020年6月12日午後6時1分、喜屋武真之介撮影

 東京都の小池百合子知事(67)が都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)に再選を目指して立候補を表明した12日の記者会見は、途中から「質問制限」が入った。会見の当初は1人の記者が繰り返し質問できるスタイルだったが、会見中盤、ある記者の質問を受けた小池氏が突然「1人1問」の制限をかけ、再質問をさえぎった。一体、何が起きたのだろうか?

 小池氏は冒頭、「政党の推薦は求めることなく、都民のご推挙を得るべく戦いに挑みたい」などと約15分間にわたって述べた。その後、司会の選対本部長・荒木千陽(ちはる)都議が「挙手の上、社名とお名前をお申し出いただき、ご質問をお願いします」と述べ、質疑応答が始まった。

 まず幹事社の東京新聞の記者がいくつか質問した。小池氏は「国政への待望論が出ても都知事として4年間の任期をまっとうされるのか」と問われ、「これから都知事にもう一度なろうかということですので、その質問はどうかなというふうに思います。都政にしっかりと取り組んでいくと改めてお伝えする場として会見をさせていただいている」と応じ、この記者が重ねて「国政への転身については今、考えていないということか」と尋ねる…

この記事は有料記事です。

残り1407文字(全文1906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  3. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  4. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  5. 「余命2年」 30歳ライフガードの男性が生前葬を開くことにした理由

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです