メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

れいわ山本代表、都知事選への立候補表明 「コロナで多くの人困窮」

[PR]

記者会見で都知事選に立候補すると表明したれいわ新選組の山本太郎代表=参院議員会館で2020年6月15日午後2時17分、滝川大貴撮影

 れいわ新選組の山本太郎代表(45)は15日、国会内で記者会見を開き、れいわ公認で東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)に立候補すると表明した。

 山本氏は記者会見で「コロナ災害で一気に多くの人々が生活困窮に陥っている。公園でも駅でも行き場を失った人たちを多く見てきた」と述べた上で「次の衆議院選挙で、もしも私たちが議席を増やせたとしても、いま目の前にいる人を救えるかと言えば無理ですね。いま1400万人いる都民の生活を直接底上げできる、餓死する寸前だった人たちに対してすぐにでも手立てを打てるんだったら、そりゃ目の前にある都知事選出るでしょ、という話なんです」と語った。

 立憲民主、共産、社民の3党は元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(73)を支援する方針で、野党票が割れる可能性がある。

 都知事選には現職の小池百合子知事(67)が無所属での立候補を表明。元熊本県副知事の小野泰輔氏(46)も無所属で出馬し、日本維新の会の推薦を受ける。NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)も立候補の意向を明らかにしている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです