メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都知事選2020

山本氏出馬 野党票分散の恐れ 次期衆院選影響も

 れいわ新選組の山本太郎代表が東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)への立候補を表明したことに、他の野党は警戒を強めている。立憲民主、共産、社民の3党は無所属の宇都宮健児氏を支援する方針で、小池百合子知事に対抗する「野党票」が分散しかねないためだ。れいわと立憲は「消費減税」を巡る対立を深めており、次期衆院選での「野党共闘」に影響を及ぼす恐れもある。

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1074文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  4. 22歳孫の祖母介護殺人 「自助に頼る国の悪癖」露呈 就職氷河期経験者が読む

  5. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです