メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都知事選 首都の未来、どう描く 街頭でネットで、舌戦開始

選挙スタッフが互いに距離を取るように掲示する中、東京都知事選候補者の街頭演説を聞く人たち=東京都新宿区で2020年6月18日午前10時39分、喜屋武真之介撮影(画像の一部を加工しています)

 東京都知事選は18日告示された。届け出を終えた多くの候補者は、マスク姿の聴衆が目立つ街頭に繰り出し、新型コロナウイルスの感染拡大対策などについて熱弁を振るった。街では、新型コロナ対策のリーダーシップを求める声が目立つ一方、「コロナ一辺倒」を懸念する意見も聞かれた。

この記事は有料記事です。

残り1670文字(全文1803文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピンクマスクでいじめNO 名張高生が学校祭で配布し呼びかけ 三重

  2. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

  3. 原子力規制委にサイバー攻撃 「機密性2」に不正侵入か 警視庁が捜査

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです