メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都知事選2020

コロナ対策、ネット会見で5氏舌戦 「経済重視」「弱者支援」 きょう告示

オンラインで共同記者会見をする東京都知事選の主要立候補予定者ら。(中央上から時計回りに)小野泰輔氏、立花孝志氏、山本太郎氏、小池百合子氏、宇都宮健児氏。左上は質問者=2020年6月17日(日本記者クラブ提供)

 東京都知事選の立候補予定者による日本記者クラブ主催の共同記者会見が17日あり、クラブ側が招いた現職と新人の主要な立候補予定者5氏がウェブ会議システムで論戦を交わした。いずれも最重視する課題に新型コロナウイルス対策を挙げ、「経済活動を重視」「社会的弱者の支援強化」などを訴えた。

この記事は有料記事です。

残り1570文字(全文1709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「西大寺会陽」無観客で開催へ 日本三大奇祭の一つ 「宝木」争奪戦も中止 岡山

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 新型コロナ GoToトラベル延長 来年6月まで 政府方針

  4. 新型コロナ GoToトラベル 東京発着解約、13日まで無料

  5. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです