メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京都知事選告示 オリンピック・コロナ対応など争点 7月5日投開票

 任期満了に伴う東京都知事選が18日告示された。再選を目指す現職、小池百合子氏(67)の1期4年の評価や、来夏に延期された東京オリンピック・パラリンピック開催の是非が最大の争点となる。午前11時55分までに現職と新人合わせて20人が立候補を届け出た。新型コロナウイルスの感染が再拡大する恐れもあり、各候補はオンラインを駆使した運動も展開するとみられる。投票は7月5日で即日開票される。

 主要政党は、日本維新の会を除いて候補者に推薦を出しておらず、全面的な支援を避ける格好となった。

この記事は有料記事です。

残り1307文字(全文1547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  3. それってコロナ対策…? 佐賀県、交付金で「宇宙を知る展示」や電光掲示板

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです