メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都知事選2020

都知事選 コロナ、五輪、IR… 5氏、独自色アピール

 東京都知事選が18日告示され、主要な5人をはじめとする立候補者が論戦に入った。各候補者とも新型コロナウイルスの対策に重点を置きつつ、持論の都政課題で独自色を打ち出し、有権者にアピールを図った。一方、各党は従来、都知事選に国政選並みの態勢で臨んでいたが、現職の小池百合子氏(67)を実質支援する自民・公明の動きは鈍く、候補者が割れた野党も次期衆院選をにらんだ動きにシフトせざるを得ない。

この記事は有料記事です。

残り2186文字(全文2379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井・勝山市長選 水上氏が初当選

  2. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  3. 岐阜・羽島市長選 松井氏が3選

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです