メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿児島知事、集票圧力か 県内首長が証言 事業に触れ「結果を数として出して」

三反園訓知事=松尾雅也撮影

 任期満了に伴う鹿児島県知事選(25日告示、7月12日投開票)を巡り、県内自治体の首長の一人が22日、再選を目指す現職、三反園訓(みたぞのさとし)氏(62)から支援の要請を受けたことを明らかにし「自治体が関係する事業を挙げながら、票のとりまとめを求められた。圧力と感じた」と証言した。三反園氏は同日の記者会見で、複数の首長に電話したことを認めた上で「(圧力などを)意図したわけではない」と釈明した。

 公職選挙法は、特別職を含む公務員が立場を利用して選挙活動をすることや、選挙の告示前の事前運動を禁じており、三反園氏の言動は抵触する可能性もある。

 取材に応じた首長によると、三反園氏から電話があったのは今月14日午後で、具体的な県事業に触れ「これをやることに決めた。あなたの自治体は…

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  5. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです