メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都政への伝言

開かれた都市目指す知事を 元国連事務次長・明石康さん

都知事選が告示され、都市外交の課題などについて語る明石康さん=東京都港区で2020年6月19日、藤井太郎撮影

 国連では事務次長などとして、カンボジアやユーゴスラビアの平和維持にも携わりました。1998年に帰国し、自民党から打診されて翌年の東京都知事選に立候補しました。日本を約40年留守にし、国際政治をやっていた人間にとって、都内を歩き回ったのは勉強になりました。都知事はカリスマ性で選ばれがちですが、都市外交にもっと真剣に取り組み、開かれた都市を目指す知事を選ぶべきだと思います。

 各国の首都の知事や市長ら知名度のある人たちが多様な意見を示すことは、外交に人間味を与えます。しかし、石原(慎太郎)都政の尖閣諸島購入方針の表明(2012年)などにはハラハラさせられ…

この記事は有料記事です。

残り990文字(全文1268文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  3. それってコロナ対策…? 佐賀県、交付金で「宇宙を知る展示」や電光掲示板

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです