メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿児島知事選が告示 過去最多の7人が立候補届け出 7月12日投開票

鹿児島県庁=鹿児島市鴨池新町で2019年2月28日、田中韻撮影

 任期満了に伴う鹿児島県知事選が25日告示され、無所属7人が立候補した。現職の三反園訓(みたぞのさとし)氏(62)の県政運営に対する評価や、九州電力川内原発(同県薩摩川内市)への対応などが主な争点になる。投開票は7月12日。

 立候補者の内訳は、現職1人▽前職1人▽新人5人――の計7人で、県選管によると知事選としては過去最多。2016年の前回は野党の支援で初当選した三反園氏が、今回は自民、公明の推薦を得て再選を目指すなど複雑な構図になっている。

 選挙戦では、現県政への評価の他、24年に原子炉等規制法の運転期限(40年)を迎える川内原発1号機の運転延長問題、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ地域経済をどう立て直すかなどを巡り論戦が交わされる。【足立旬子】

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピンクマスクでいじめNO 名張高生が学校祭で配布し呼びかけ 三重

  2. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

  3. 原子力規制委にサイバー攻撃 「機密性2」に不正侵入か 警視庁が捜査

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです