メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都知事選2020

小池氏、大幅リード 山本、小野、宇都宮3氏追う 毎日新聞情勢調査

 毎日新聞は27日、東京都知事選(7月5日投開票)についてインターネット調査を実施し、情勢を探った。現職の小池百合子氏が優勢。大きく引き離されて、れいわ新選組代表の山本太郎氏、日本維新の会が推薦する小野泰輔氏、立憲民主・共産・社民各党の支援を受ける宇都宮健児氏が2番手を競る展開となっている。都知事選には4氏のほか、NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏ら18人が立候補。投票先を答えない人が2割以上おり、情勢が変化する可能性もある。

この記事は有料記事です。

残り1099文字(全文1316文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見過ごせない菅首相の乱暴な言説 普天間移設の歴史に二つの「反故」

  2. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  3. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  4. 洋館はレーモンド設計? モンテローザ経営の会社「情報求む」 横浜・山手

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです