メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都内の新たな感染者 過去最多の224人
都知事選を見に行く

「キャッチフレーズだけの政治は終わり」 浸透するか、小野泰輔氏

東京都知事選が告示され、支持を訴える小野泰輔氏=東京都新宿区で2020年6月18日午前11時4分、幾島健太郎撮影

 「この人、誰?」と思った都民は多いはずだ。都知事選に立候補した小野泰輔氏(46)=日本維新の会推薦=のことだ。熊本県副知事という要職をなげうっての出馬で、しかも政党に推されたわけではなく、一人で決断したという。なかなかできることではないだろう。人柄は? 訴えたいことは? 選挙戦から見えてきた素顔とは――。【生野由佳/統合デジタル取材センター】

 告示日の第一声は、新宿・歌舞伎町だった。選挙カーの上でマイクを握った小野氏。白色の半袖シャツに白色のズボンといういでたち。後で聞くと、身長は178センチ。なかなかの長身だ。爽やかなイメージで売る作戦かもしれない。

 「小池(百合子)都政、キャッチフレーズで耳に心地よいことを言って、4年前に大旋風を起こしました。しかし4年たって成果が出たのでしょうか。ほとんど出ていない。ペットの殺処分(ゼロ)だけなんですね」

 丁寧で淡々とした語り口だが、都政への批判は手厳しい。さらに「感染者の抑え込みが一番うまくいっていないのが東京」「経済を最重視して復活をさせる。そういう体制ができていないのだと思います」と続ける。

 「熊本で地方行政をやっていて、東京に若者がどんどん流出してしまう。これをなんとか止めないと、日本は沈んでしまう」。副知事を務めた危機感がにじみ出ていた。

 聞いているうちに、少し気になる言葉があった。「キャッチフレーズだけの選挙はもう終わりにしなければなりません」というのだ。「私は今までの政治家と同じことをやるつもりはありません」「今までのように、耳に心地よいキャッチフレーズを叫べば勝ってしまう、そういう民主主義を今こそ日本は変えていかねばなりません」

 なるほど。確かに肝心なのは浮ついた言葉ではなく、練り上げられた政策や候補者の人柄、実行力であることは間違いない。でも…

この記事は有料記事です。

残り3334文字(全文4097文字)

生野由佳

兵庫県出身。2003年入社。福島支局、阪神支局、大阪社会部、2度目の阪神支局を経て2020年4月より統合デジタル取材センター。JR福知山線脱線事故や阪神大震災を中心に取材してきました。被害者支援や障害福祉分野に関心があります。趣味は銭湯巡り。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

  5. ORICON NEWS 『長谷川町子記念館』11日開館へ 生誕100年記念『サザエさん』などの世界観堪能

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです