メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

“無頼系”8候補は何を訴えたのか 生の声で熱弁 都知事選「もうひとつの討論会」

8候補が参加した東京都知事選の討論会=2020年6月28日、大場伸也撮影

 「東京都知事選挙討論会2.5」が28日夜、都内であった。「もうひとつのネット討論会」と題し、同時に開催された東京青年会議所(東京JC)主催による討論会に参加しなかった8人の“無頼系”候補が登場。立候補の動機や個性的な政策について熱弁をふるった。【大場伸也】

 討論会は「黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い」(集英社)で2017年開高健ノンフィクション賞を受賞したフリーランス記者の畠山理仁(みちよし)さんが主催(協力・ニコニコ生放送)した。

 全22人の候補者に出演依頼し、東京JC主催の討論会に出席した候補者には参加を断念してもらったという。主なやり取りは以下の通り。

この記事は有料記事です。

残り4387文字(全文4677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 北朝鮮・拉致問題 事件から40年 「悔やんでも悔やみきれない」 地村夫妻がコメント /福井

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです