メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

思惑交錯の野党の「隠れた争い」とは 「消費税5%」公約や立憲、国民合流論に影響も

東京都庁=小川信撮影

 7月5日投開票の東京都知事選で、野党各党の思惑が交錯している。立憲民主、共産、社民は無所属の宇都宮健児氏を「事実上の野党統一候補」として支援する。一方、自主投票を決めた国民民主党では、れいわ新選組代表の山本太郎氏の応援に入る議員も出始めた。6月30日には、6月に国民に入党したばかりの馬淵澄夫・元国土交通相が応援のマイクを握った。背景には、次期衆院選での「野党共闘」のあり方を巡る路線対立がある。野党議員たちが繰り広げる神経戦の裏には、ある「争い」の存在がありそうだ。

6月国民入党の馬淵氏が山本氏を応援

 馬淵氏が街頭に登場したのは、東京・練馬の上石神井駅前だった。馬淵氏は「私と山本さんの一致点は、この国の経済の根幹を揺るがす消費税の減税を訴えるということ」と共通点をアピールした。「私自身は(自民、公明両党との消費増税に関する『3党合意』を作った)民主党政権にいて閣僚も経験した」とした上で、「でも消費税が増税されたのち…

この記事は有料記事です。

残り1564文字(全文1976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです