メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲・長妻氏「敗因分析し、総選挙に生かす」 共産・小池氏「信任されたと思わないで」 都知事選

 東京都知事選で、現職の小池百合子氏の再選が決まったことを受けて、立憲民主党の長妻昭選対委員長は5日夜、党本部で記者団の取材に応じた。長妻氏は支援した元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏が落選したことについて「おわびする。敗因をきちんと分析して、来たるべき総選挙に生かしていきたい」と述べた。れいわ新選組代表の山本太郎氏も出馬し、野党の票が割れたことについては「野党がまとまることが残念ながらできなかった。総選挙に向けて(与野党の)一騎打ちに持っていくため、さらに汗をかいて努力をしな…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  4. コロナ「消毒」で紙幣損傷 洗濯機やレンジで 韓国、5億円分交換

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです