メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「よりしっかり働けの声をエネルギーに」小池東京都知事 再選一夜明け、防災服姿で登庁

 5日投開票の東京都知事選で366万1371票を得て再選された小池百合子氏(67)は一夜明けた6日朝、都庁で報道陣の取材に応じ「望外の支援をいただいた。よりしっかり働けという都民の皆さんの声をエネルギーとして、コロナ対策、東京の成長戦略などをしっかり進めたい」と語った。都知事選の得票数としては、1971年に美濃部亮吉氏が獲得した約361万票を抜いて歴代2番目となった。

 小池知事は、初当選時からイメージカラーとしている緑色が入った防災服姿で登庁。新型コロナウイルス対策について「東京の医療体制はかなり整っているが地方は厳しいところもある。東京に関係のある形で(感染が)広がるのを抑えていく」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです