メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿児島知事選 塩田康一氏が初当選 現職・三反園氏ら破る

塩田康一氏

 任期満了に伴う鹿児島県知事選は12日投開票され、無所属新人で前経済産業省九州経済産業局長の塩田康一氏(54)が自民、公明両党が推薦した無所属現職の三反園訓(みたぞのさとし)氏(62)ら6人を破り、初当選を果たした。与党は2016年の前回選に続く敗北となった。投票率は49・84%(前回56・77%)だった。

 知事選には過去最多となる現職、前職1人、新人5人の無所属計7人が立候補した。現県政への評価や、新型コロナウイルスへの対策などを争点に論戦を繰り広げた。選挙戦中盤以降は、県内での新型コロナの感染者急増や九州豪雨を受け、各候補とも大規模な集会を取りやめ、インターネットの動画配信などを通じ政策を訴えた。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヘルパーからコロナ感染し死亡」 82歳女性の遺族が介護事業所を提訴 広島

  2. フランス料理のシェフ、関根拓さん死去 39歳

  3. 「前例ない決定、菅首相がなぜしたかが問題」学術会議任命外された加藤陽子氏コメント

  4. ORICON NEWS 江頭2:50、大川興業を退社 公式サイトで報告「ありがとうございました」

  5. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです