メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿児島知事選連敗「候補者の問題」 自公冷ややか、国政への影響否定

落選が確実となり、支持者らにあいさつする現職の三反園訓氏=鹿児島市大黒町の選挙事務所で2020年7月12日午後11時、足立旬子撮影

 12日に投開票された鹿児島県知事選で、2期目を目指した自民、公明両党推薦の現職、三反園訓氏が、無所属新人の塩田康一氏に敗れる波乱があった。同知事選で与党系候補が負けるのは前回に続き2度目だが、与党は国政への影響を避けるため「候補者本人の問題」(党幹部)とし、静観する構えだ。

 「大変残念なことだった。党としては是々非々で、しかし県民のために協力をしていきたい」。安倍晋三首相は13日、視察に訪れた熊本県人吉市で記者団に答えた。知事選では、塩田、三反園両氏のほか、立憲民主党県連が推薦した元職の伊藤祐一郎氏や共産党推薦の横山富美子氏ら7人が乱立。政党支援のなかった塩田氏が当選した。

 与党は表向き、豪雨災害で公務に専念する必要があったことを敗因としているが、ベテラン議員は…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです