メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港政府、議会選挙の1年延期を決定 コロナ感染拡大理由に 「緊急法」発動

立法会(議会)選挙の延期を発表する林鄭月娥行政長官=香港政府で2020年7月31日、福岡静哉撮影

 香港政府の林鄭月娥行政長官は7月31日、9月6日予定の香港立法会(議会)選挙を1年延期すると発表した。新型コロナウイルスの感染が拡大しているため。林鄭氏は立法会の議決なしに長官の判断であらゆる決定が可能な「緊急状況規則条例」(緊急法)を発動し、延期を決めた。林鄭氏は記者会見で「困難な決定だったが、市民の健康を守るためにはやむを得ない」と強調した。

 現職議員の任期は9月末に切れる。憲法に当たる香港基本法は立法会議員の任期を4年と定めているため、政府は8月8~11日に北京で開かれる中国全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会で、任期延長のお墨付きを得る。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  5. 「猫にマタタビ」の謎 研究のため朝夕掃除でご機嫌取り 教授の腕でも実験

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです