メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港政府、議会選挙の1年延期を決定 コロナ感染拡大理由に 「緊急法」発動

立法会(議会)選挙の延期を発表する林鄭月娥行政長官=香港政府で2020年7月31日、福岡静哉撮影

[PR]

 香港政府の林鄭月娥行政長官は7月31日、9月6日予定の香港立法会(議会)選挙を1年延期すると発表した。新型コロナウイルスの感染が拡大しているため。林鄭氏は立法会の議決なしに長官の判断であらゆる決定が可能な「緊急状況規則条例」(緊急法)を発動し、延期を決めた。林鄭氏は記者会見で「困難な決定だったが、市民の健康を守るためにはやむを得ない」と強調した。

 現職議員の任期は9月末に切れる。憲法に当たる香港基本法は立法会議員の任期を4年と定めているため、政府は8月8~11日に北京で開かれる中国全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会で、任期延長のお墨付きを得る。

 香港では7月上旬以降、急激に新型コロナの感染が拡大し、22~31日は10日連続で100人以上の感染が確認された。29日から3人以上の集まりが禁止され、選挙運動や投開票作業も困難になっている。

 中国による香港の統制を強化する香港国家安全維持法(国安法)の施行を受け、政府や親中派に対する香港市民の反発は強まっている。親中派からは「市民の健康を最優先すべきだ」と選挙延期を求める声が相次いでいた。民主派は「逆風下の選挙を延期するためコロナ問題を口実にしている」と延期に反対していた。

 立法会選の立候補届け出期間は7月18~31日で、200人以上が届け出た。選挙管理当局は30日、このうち民主派の12人について「香港政府に忠誠を誓っていない」などの理由で出馬を禁止していた。【香港・福岡静哉】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

  5. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです