メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1票の格差 衆院6選挙区で2倍超 東京9区、22区が最大2.016倍 20年人口

国会議事堂=本社ヘリから佐々木順一撮影

 毎日新聞は5日、総務省が発表した住民基本台帳に基づく人口動態調査(1月1日現在)を基に衆参両院の「1票の格差」を試算した。衆院小選挙区では、2019年まで3年連続で最大格差2倍未満を維持していたが、今回は都市部の6選挙区で格差が2倍を超えた。

 全国289小選挙区のうち、日本人の人口が最少の鳥取1区(27万6281人)と最多の東京9区(55万7071人)を比べると、1票の格差は2・016倍。同じく2・016倍の東京22区(55万6918人)、2・008倍の兵庫6区(55万4896人)と続いた。19年の人口動態調査に基づく最大格差1・990倍よりも大きかった小選挙区は全国で12選挙区に上った。

 衆院の1票の格差是正を巡っては、10月に実施する国勢調査の結果を基に、衆院選挙区画定審議会が小選挙区の区割り見直しを審議する。見直しに当たっては、新たに人口比をより正確に反映できる「アダムズ方式」が導入される予定で、22年ごろにも区割りが改定される見通し。

この記事は有料記事です。

残り1977文字(全文2405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです