メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民総裁選 菅、岸田、石破3氏が出馬予定 総務会で日程決定へ

自民党本部=東京都千代田区で、曽根田和久撮影

 自民党は1日午前、党本部で総務会を開き、安倍晋三首相(党総裁)の後任を選ぶ総裁選の日程を決める。8日告示、14日投開票とし、党員投票は省略する。菅義偉官房長官(71)は2日に記者会見を開いて立候補を表明する方針を固めた。岸田文雄政調会長(63)、石破茂元幹事長(63)は1日に表明する。

 総裁選は通常、党大会を開き、国会議員と党員・党友の投票で行われる。今回は安倍首相が持病の悪化で任期途中で辞任を表明。党則は「特に緊急を要するとき」には党員・党友投票を省略し、両院議員総会で選出で…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです