メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次期衆院選 米山前知事、無所属で新潟5区から出馬意向

米山隆一氏

[PR]

 次期衆院選に新潟5区から出馬する意向を固めている米山隆一前新潟知事(53)は12日、無所属で出馬することを明らかにした。野党各党に推薦を求める意向で、野党統一候補になれるかが焦点になる。

 米山氏はこの日、共産党県委員会の樋渡士自夫委員長、立憲民主党県連の西村智奈美代表、国民民主党県連の梅谷守代表とそれぞれ面会。推薦を求める要望書を手渡した。連合新潟や他の野党に対しても、後日要望書を提出する予定だという。

 報道陣の取材に応じた米山氏は、無所属での出馬について「私の政治スタンスが野党寄りだった。もともとそう(無所属で)考えており、自分の志を個人として世に問い、なるべく多くの方に支持を得たい」と語った。

 自民党の泉田裕彦衆院議員との元知事対決となることについては「選挙戦の相手はあくまで有権者なので、あまり関係ない。5区をはじめ県内の新型コロナで苦しむ地域の立て直しや、医療の問題を訴えたい」と述べた。【北村秀徳】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです