メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大法廷、年内にも統一判断 19年参院選「1票の格差」結審

 選挙区間の「1票の格差」が最大3・00倍だった2019年7月の参院選は投票価値の平等を定める憲法に反するとして、二つの弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の上告審で、最高裁大法廷(裁判長・大谷直人長官)は21日、原告と被告双方の意見を聞く弁論を開き、全16件が結審した。大法廷は年内にも統一判断を示す見通し。

この記事は有料記事です。

残り1099文字(全文1254文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク4-0巨人(その2止) 巨人、暗雲の無限列車 13年第7戦から8連敗

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  5. NY株が史上初の3万ドル台突破 大統領選巡る不透明感後退を好感

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです