メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院比例特定枠、最高裁が「合憲」 無効訴訟、上告棄却

 政党の意向で優先的に当選できる「特定枠」を導入した昨年7月の参院比例代表選は違憲だとして、山口邦明弁護士らのグループが選挙無効を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷は23日、「合憲」と判断し、弁護士側の上告を棄却した。請求を退けた東京高裁判決が確定した。最高裁が特定枠について判断したのは初めて。

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです