メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分・姫島村長選 現職・藤本昭夫氏が10選 全国で2番目に多い当選回数

藤本昭夫氏=2020年10月14日撮影

 大分県姫島村の村長選が1日投開票され、無所属現職の藤本昭夫氏(77)が、無所属新人で元村教育委員の藤本敏和氏(71)を破り10回目の当選を果たした。全国町村会などによると、現職首長としては山梨県早川町の辻一幸町長(80)の11回に次ぎ、全国で2番目に多い当選回数となる。当日有権者数は1770人、投票率は86・21%(前回88・13%)だった。

 姫島村の村長選は1955年を最後に無投票が16回続き、2016年の前回選は「61年ぶりの選挙戦」として注目を集めた。16年と同じ顔ぶれによる一騎打ちの選挙戦では、基幹産業の漁業振興などを公約に掲げた昭夫氏が、村政刷新を訴えた敏和氏を退けた。

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです