メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島3区、斉藤氏決定 公明、次期衆院選で擁立

公明党の斉藤鉄夫副代表=広島市中区で2020年11月19日、池田一生撮影

 公明党は19日の中央幹事会で、次期衆院選広島3区に副代表で衆院議員の斉藤鉄夫氏(68)=比例中国=を公認候補として擁立することを決めた。斉藤氏は広島市内で記者会見し、「政治に対する不信を信頼に変えるため、広島3区に挑戦する決意だ」と出馬の意向を表明した。広島3区を巡っては、自民党広島県連が2019年参院選を巡る大規模買収事件で公職選挙法違反に問われた元法相の現職、河井克行被告(57)の離党を受け、党公認候補の公募を始めており、自公間の調整が焦点となる。

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 豊臣期の大坂城石垣を公開 本丸中心部、夏の陣の痕跡や金箔瓦も出土

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです