メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次期衆院選 広島3区擁立 公明、広がる岸田派不信

衆院広島3区を巡るこれまでの経緯

 公明党が19日の中央幹事会で衆院広島3区に斉藤鉄夫副代表(68)の擁立を決めたのは、広島3区が地盤の元法相、河井克行被告と妻の案里被告(ともに自民党を離党)による公職選挙法違反事件で地元支持層が自民党への不信感を強めたためだ。自民党公認候補擁立にこだわる岸田文雄前政調会長が率いる岸田派(宏池会)の対応が焦点。調整が難航すれば、自公間の協力関係に亀裂を生み、岸田氏の求心力低下にもつながりかねない。

この記事は有料記事です。

残り1605文字(全文1806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 宇都宮大が2次試験中止 共通テスト成績などで合否 「受験生の健康最優先」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. リオのカーニバル中止 7月延期でも「不可能」 新型コロナ

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです