メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次期衆院選 広島3区擁立 公明、広がる岸田派不信

衆院広島3区を巡るこれまでの経緯

 公明党が19日の中央幹事会で衆院広島3区に斉藤鉄夫副代表(68)の擁立を決めたのは、広島3区が地盤の元法相、河井克行被告と妻の案里被告(ともに自民党を離党)による公職選挙法違反事件で地元支持層が自民党への不信感を強めたためだ。自民党公認候補擁立にこだわる岸田文雄前政調会長が率いる岸田派(宏池会)の対応が焦点。調整が難航すれば、自公間の協力関係に亀裂を生み、岸田氏の求心力低下にもつながりかねない。

この記事は有料記事です。

残り1605文字(全文1806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです