メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山形知事選1月告示 吉村氏は有志フル回転 大内氏は本人が前面に 両陣営は対照的

事務所開きで支持者らに囲まれ笑顔の吉村氏(中央)=山形市で2020年11月22日午前10時51分、的野暁撮影

 来年2月の任期満了に伴う山形県知事選(1月7日告示、同24日投開票)に立候補を表明している現職の吉村美栄子知事(69)と、元県議の大内理加氏(57)=自民党推薦=の戦術は対照的だ。吉村氏は公務最優先で、代わりに有志らがフル回転で準備。一方、新人の大内氏は、自ら前面に出て知名度アップを図っている。告示まで2カ月を切り、両陣営とも臨戦態勢に入った。【的野暁、日高七海】

 吉村氏は、10月の出馬表明から約1カ月後の22日、山形市内で事務所開きし、選対本部が発足した。集まった約100人の支持者らを前に、吉村氏は「コロナの難局を乗り越え、素晴らしく輝かしい山形を作っていきたい」と述べた。

 現職の吉村氏は、新型コロナウイルス対策を中心とした公務の重要性を強調。出馬表明は、…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです