メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和国家の転換

安倍政権は憲法9条の解釈を変更して集団的自衛権の行使を容認し、それを法的に裏付ける安全保障関連法を成立させました。これにより、戦後日本の安保政策は大きく転換することになりました。その経緯や指摘されている問題点は何か? 毎日新聞の関連記事を再録します。

連載

安保法成立

拡大する「自衛」

集団的自衛権 閣議決定

平和国家の変質

どう動く集団的自衛権

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. みのひだフォーカス 食品サンプルの街 郡上の象徴 「ゴジラフライ」作者、誰? 上田酒店店主「お会いしたい」 /岐阜

  3. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  4. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 江川紹子さんのまとめ 「合意のない性交は処罰」に潜む危うさ 被害者のため何をすべきか

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです