メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法・こう考える

  • /5止 おおさか維新 片山虎之助・共同代表

    改憲、改革の突破口に −−自民党に続き、おおさか維新の会も憲法改正原案を3月にまとめました。 ◆制定から70年たつが、憲法は国民から遠ざけられている。憲法改正を…

    (2016年05月07日 03:20)

  • /4 共産 藤野保史・政策委員長

     ◇反安保法一点で共闘 −−参院選で憲法についてどう訴えますか。 ◆立憲主義を回復していくことが最大の争点だ。戦争法いわゆる安全保障法制は廃止し、基になっている…

    (2016年05月05日 03:03)

  • /3 公明 北側一雄・副代表

     ◇改憲、中身の議論を −−安倍晋三首相は憲法改正に積極的な発言を繰り返していますが、夏の参院選で争点になるでしょうか。 ◆改憲は争点にはならないのではないか。…

    (2016年05月04日 02:59)

  • /2 民進 江田五月・憲法調査会長

     ◇首相の改憲論、認めぬ −−民進党は参院選で憲法問題をどう訴えますか。 ◆安倍政権は集団的自衛権の行使を容認し、従来の憲法解釈と全く違うことをやった。安倍政権…

    (2016年05月03日 02:26)

  • /1 自民 稲田朋美・政調会長

    参院選、改憲より経済 −−夏の参院選の結果によっては、憲法改正が政治日程に入ってくるかもしれません。どう訴えますか。 ◆憲法改正はとても重要なポイントだが、熊本…

    (2016年04月30日 02:43)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  4. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです