メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

東口順昭選手、鮫島彩選手、丸山祐市選手らが交代で執筆。ピッチにかけるサッカーへの思いを語ります。

  • プレッシングサッカーの潮流=柱谷幸一

     ポルトガルで8月23日にあった欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝は、衝撃的な内容だった。 ドイツのバイエルン・ミュンヘンが1―0でフランスのパリ・サンジェル…

  • 10年越しのトップ昇格=柱谷幸一

     三協フロンテア柏スタジアムで7月26日にあったJ1第7節の柏―仙台戦を解説した際、柏のMF仲間隼斗(28)が、3試合連続得点となる先制点を決めた。そのはつらつ…

  • 審判員のつながり大切に=小川佳実

     新型コロナウイルスの影響で2月下旬から中断していたJリーグは6月27日にJ2が再開、J3が開幕し、7月4日にはJ1が再開した。中断期間中にサッカーができない日…

  • 重圧なく「アウェー」が結果=柱谷幸一

     サッカーのある日常がようやく戻ってきた。約4カ月半ぶりにJ1が再開された4日、湘南―仙台戦の解説の仕事で、BMWスタジアムを訪れた。最初こそ、観客のいないスタ…

  • ポイントは選手層=柱谷幸一

     Jリーグの再開が決まった。競技のみならず経営面も含め、新型コロナウイルス感染症対策に当たってきたJリーグ、各クラブ、スタジアムなど、関係者の苦労は並々ならぬも…

  • すぐに再開できる準備を=柱谷幸一

     新型コロナウイルスの猛威がなかなか収まらず、政府の緊急事態宣言の期間は延長されることになった。先日は全国高校総体の中止が発表され、最後の夏にかけてきた3年生の…

  • 地域と歩むクラブチーム=柱谷幸一

     新型コロナウイルスのため、世界中でスポーツが止まってしまった。サッカーのない日常がこれほど味気ないとは。その存在の大きさに改めて気づかされる。スポーツの分野も…

  • 中断期間 成長の機会に=柱谷幸一

     Jリーグは開幕した途端、新型コロナウイルスの感染拡大で3月15日までの試合が延期となった。残念だが仕方がない。 延期と聞いて、2011年の東日本大震災を思い出…

  • 「接触」見直し、大きな挑戦=小川佳実

     2020年シーズンはYBCルヴァン・カップが16日に、J1のリーグ戦が21日に開幕した。今季はレフェリーにとって、小さなチェンジではあるが、大きなチャレンジに…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  2. ORICON NEWS 竹内結子、第2子出産後初の公の場 息子の成長に感慨

  3. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  4. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです