メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

東口順昭選手、鮫島彩選手、丸山祐市選手らが交代で執筆。ピッチにかけるサッカーへの思いを語ります。

  • ルール変更で進化を=小川佳実

     サッカーの競技規則を定める国際サッカー評議会(IFAB)の年次総会が3月にあり、2019~20年シーズンに適用されるルールが決定された。変更や解釈が加わった点…

    (2019年4月10日 03:08)

  • 得点狙う姿勢を前面に=柱谷幸一

     選手、とりわけ攻撃のポジションを任されている選手は自分の特徴を前面に出して、どんどん勝負してほしい。日本代表がコロンビア、ボリビアの南米勢と戦った先月下旬のキ…

    (2019年4月3日 02:41)

  • 代表経験 成長につなげ=森重真人

     26日に神戸で行われたサッカー日本代表の国際親善試合ボリビア戦で、代表初選出だったFC東京のMF橋本拳人選手(25)が先発した。彼の今までの努力や苦労、いい時…

    (2019年3月30日 02:38)

  • 足りなかった共感=小川佳実

     2017年に来日した日本サッカー協会審判委員会のレイモンド・オリビエ副委員長はイングランドでプロ審判の指導者などを長年務めたベテランで、多くの助言を受けている…

    (2019年3月13日 02:46)

  • 戦術に合わせた新戦力=柱谷幸一

     J1リーグ戦で横浜マが好調な滑り出しを見せている。5点奪っての開幕2連勝。2年目のポステコグルー監督の下、チーム戦術に合った新戦力を加え、ハイライン(最終ライ…

    (2019年3月5日 03:01)

  • 若手の成長 チームに貢献=森重真人

     2019年のJリーグが始まった。FC東京は2月23日の開幕戦で川崎と0-0で引き分けた。リーグ2連覇中の川崎に対し、相手のホームで無失点で引き分け、勝ち点1を…

    (2019年3月2日 02:44)

  • 人を育てる必要性=小川佳実

     サッカー日本代表が準優勝した今回のアジア・カップでは判定の精度を高めるために、ゴール横に副審を置く「追加副審制」と、映像を判定補助に使う「ビデオ・アシスタント…

    (2019年2月13日 02:32)

  • 見えない 日本の戦い方=柱谷幸一

     森保監督就任後、初の公式戦となったアジア・カップの決勝で、日本はカタールに敗れた。日本が目標とするワールドカップ(W杯)でのベスト8進出に向けた戦い方は「まだ…

    (2019年2月5日 02:21)

  • 休む勇気も大事=森重真人

     今年も新しいシーズンを前にチーム作りが始まっている。大分でのプロ入りから14年目、FC東京で10年目となる。この1年はチームにどんな貢献ができるのか。そのため…

    (2019年1月30日 03:13)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  3. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式
  4. ORICON NEWS 赤江珠緒&博多大吉の“芝生デート”報道 『たまむすび』が伝えた1週間
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです