メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

東口順昭選手、鮫島彩選手、丸山祐市選手らが交代で執筆。ピッチにかけるサッカーへの思いを語ります。

  • 女性審判 支援の拡充必要=小川佳実

     6月からフランスで開かれるサッカー女子ワールドカップ(W杯)の審判団に、日本から山下良美主審、手代木直美、坊薗真琴、萩尾麻衣子の各副審が選出された。一つの国、…

    (2019年1月16日 02:46)

  • 資金活用、問われる力量=柱谷幸一

     あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 天皇杯全日本選手権が昨年12月中に浦和の優勝で終了したために元日恒例の決勝戦がなく、何となく物足…

    (2019年1月8日 03:15)

  • ハンドの解釈、議論進む=小川佳実

     サッカーの競技規則を定める国際サッカー評議会(IFAB)の第133回年次事務会議が先月22日、スコットランドのグラスゴーで開かれた。提案された重要事項は来年3…

    (2018年12月11日 02:41)

  • 明確な方針、躍進導く=柱谷幸一

     J1とJ2のプレーオフ(入れ替え戦)を残してJリーグが終了した。私の今季一番の驚きは札幌の躍進である。 昨年は粘り強く戦ってJ1残留を果たしたチームが、1年目…

    (2018年12月5日 02:40)

  • 古巣・大分への恩返し=森重真人

     僕がプロ人生を歩み始めたクラブである大分トリニータがJ2で2位となり、来季J1に帰ってくる。大混戦だったJ2最終節は試合映像を見ながら応援していた。今でもその…

    (2018年12月4日 03:23)

  • 「納得できる」判定に=小川佳実

     Jリーグは公式チャンネルで判定を解説する動画「Jリーグジャッジ・リプレイ」を10月から毎週1回配信に増やした。その中でも紹介されているが、今回はPK判定を巡っ…

    (2018年11月15日 03:20)

  • ぶれない理念と強化=柱谷幸一

     J1の湘南ベルマーレが、YBCルヴァン・カップで初優勝した。 今春、フィットネスクラブ運営会社のRIZAP(ライザップ)の傘下に入ったとはいえ、クラブの大きさ…

    (2018年11月6日 02:33)

  • CB 難しさが楽しさ=森重真人

     私がセンターバック(CB)のポジションを務め始めたのは、2006年にプロ入りしたJ1大分時代、シャムスカ監督に言われてから。ほぼ初めての経験だった。 当時、大…

    (2018年10月30日 02:43)

  • フェアプレーの原点、砂浜に=小川佳実

     今月12日から14日まで沖縄県で行われたJFA(日本サッカー協会)全日本ビーチサッカー大会を今年も観戦させてもらった。1チームGKを含めた5人、ピッチサイズ縦…

    (2018年10月23日 02:34)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」
  3. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前
  4. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  5. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです