メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

サッカーマインド

東口順昭選手、鮫島彩選手、丸山祐市選手らが交代で執筆。ピッチにかけるサッカーへの思いを語ります。

  • 成長求め、欧州へ挑戦を=柱谷幸一

     イングランド・プレミアリーグのチェルシーとマンチェスター・シティー、スペインのバルセロナが日本を訪れ、プレシーズンマッチでJリーグ勢と戦った。チェルシーと川崎…

  • 良いプレー生むルール=小川佳実

     今年は国際サッカー評議会が定める競技規則の大きな改正があった。私は5月から6月にかけてU20(20歳以下)日本代表、U22(22歳以下)日本代表、そして「SA…

  • 磨け、主戦場の中盤=柱谷幸一

     南米選手権に出場した男子の日本代表が、1次リーグで敗退した。ワールドカップ(W杯)に挑んだ女子も、決勝トーナメント1回戦でオランダに惜敗した。ともに、特徴を生…

  • 「美しさ」を生み出す判定=小川佳実

     5月のJ1リーグ戦で、直接得点に関わる誤った判定が複数あったことは残念だった。私は今、試合の中で審判員はどういった立場であるべきか、審判員の判定はどうあるべき…

  • U20だから得られるもの=柱谷幸一

     ポーランドで行われているU20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)で、日本は1次リーグを勝ち上がり、決勝トーナメント1回戦で韓国と対戦する。試合は日本時間5日…

  • 審判の向上心、令和でも=小川佳実

     平成が終わり、令和の時代が始まった。平成は5(1993)年にプロリーグのJリーグが開幕し、6大会連続でワールドカップ(W杯)出場を果たすなど、日本サッカー界が…

  • 審判の向上心 令和でも=小川佳実

     平成が終わり、令和の時代が始まった。平成は5(1993)年にプロリーグのJリーグが開幕し、6大会連続でワールドカップ(W杯)出場を果たすなど、日本サッカー界が…

  • 攻守一体がおもしろい=柱谷幸一

     イングランドのプレミアリーグなど、欧州トップレベルのサッカーを見ていると、攻撃と守備を分けて考えることはもはやできないと痛感する。 自陣ではもちろん、相手ゴー…

  • ルール変更で進化を=小川佳実

     サッカーの競技規則を定める国際サッカー評議会(IFAB)の年次総会が3月にあり、2019~20年シーズンに適用されるルールが決定された。変更や解釈が加わった点…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです