一日も早い帰国の実現に向けて! 北朝鮮人権侵害問題啓発週間作文コンクール2018

入賞者決定!主催:政府・拉致問題対策本部 後援:文部科学省、法務省、外務省

政府・拉致問題対策本部では、中高生のみなさんを対象として、アニメ「めぐみ」を視聴し、さらに自分自身で拉致問題について学習し、理解を深めてもらうため、作文コンクールを実施しました。
全国から4,485点の作品が寄せられ、審査の結果、最優秀賞2点、優秀賞4点、特別賞10点の入賞者が決定しました。12月15日に東京都千代田区のイイノホールで表彰式が行われ、最優秀賞と優秀賞の入賞者に菅義偉拉致問題担当大臣より表彰状が贈られました。
English

◆アニメ「めぐみ」は、拉致問題対策本部ホームページでも視聴できます

入賞者発表

■中学生部門

最優秀賞

新潟県 新潟大学教育学部附属新潟中学校 2年 古泉修行

優秀賞

三重県 松阪市立中部中学校 1年 増井奏太

京都府 南丹市立園部中学校 3年 高屋瞳華

特別賞

変えよう、自分
鳥取県 青翔開智中学校 3年 木原寛太

拉致被害者の帰国を願って
福井県 小浜市立小浜中学校 1年 臼野さくら

人事ではない。拉致問題の真実。
神奈川県 川崎市立西生田中学校 1年 内田真実子

「めぐみ」を観賞して
徳島県 阿南市立新野中学校 3年 川野優花

人生を奪う拉致
福井県 小浜市立小浜中学校 1年 石田みずき

■高校生部門

最優秀賞

愛媛県 愛媛県立松山東高等学校 1年 藤岡 希

優秀賞

福島県 福島県立会津農林高等学校 1年 岡島真優

福島県 福島県立平支援学校高等部 3年 谷 康大

特別賞

思いを広める
石川県 石川県立田鶴浜高等学校 1年 米澤 愛

拉致問題は世界の問題
広島県 広島県立呉昭和高等学校 3年 田中優里

未来を創る
山形県 山形県立山形東高等学校 2年 長澤パティ明寿

拉致問題から学んだこと
北海道 北海道美深高等学校 1年 佐久間永遠光

他人事から自分事へ
徳島県 徳島市立高等学校 2年 篠原佳鈴

(敬称略・順不同)

募集要項

募集部門

中学生部門、高校生部門

応募資格

中学生部門:日本国内の中学校、義務教育学校(後期課程)、中等教育学校(前期課程)及び特別支援学校(中学部)に在学する生徒
高校生部門:日本国内の高等学校、中等教育学校(後期課程)、及び特別支援学校(高等部)に在学する生徒

応募規定

1.原稿用紙

中学生部門、高校生部門いずれも400字詰め原稿用紙(A4)3枚以内
※原稿用紙は縦書きとし、原則、自筆で記入してください。1枚目の1行目に作品タイトル、2行目に学校名、3行目に学年及び名前を記載してください。 ※応募は日本語で書かれた自作未発表の作品に限ります。他のコンクールとの二重応募は認めません。

2.内容

北朝鮮による日本人拉致問題について、アニメ「めぐみ」を視聴し、学校の授業で学んだこと、自分自身で調べたこと等を通じて、単にアニメ「めぐみ」を視聴した感想だけでなく、自分なりの考えや意見を具体的に表現した作文を書いてください。

【作文を書くに当たっての留意点】

  • 拉致被害者や拉致被害者の家族の心情を理解する
  • 拉致問題について、自分自身で調べ理解する
  • 学校生活や社会のあり方などに考えを及ぼす
  • 自分に何ができるか、何をすべきかに考えを及ぼす
3.応募方法

別紙「学校応募票」と応募作品を封筒に入れ、北朝鮮人権侵害問題啓発週間・作文コンクール事務局へお送りください。

4.応募後の作品の取扱い
  • 受賞作品の著作権は、選出と同時に主催者に譲渡されます(本人及び在籍校の利用は差支えありません)。
  • 応募作品は返却しません。必要な方はコピーをお取りください。
  • 選考に関する問い合わせには応じません。
  • 受賞作品、受賞者の氏名、学校名、学年等について、ホームページ、新聞、作品集等で紹介します。
  • 受賞作品の公表に当たっては、作品の趣旨を損なわない範囲で一部修正する場合があります。

応募締切

2018年10月12日(金)※消印有効

審査

北朝鮮による拉致被害者家族連絡会、全国紙新聞関係団体、内閣官房拉致問題対策本部事務局、文部科学省、法務省、外務省から選出された委員で構成する最終審査委員会で各賞を選定します。

最優秀賞 各部門1点(賞状及び楯)
優 秀 賞 各部門2点(賞状及び楯)
特 別 賞 各部門5点(賞状及び楯)

発 表

2018年12月中旬頃(受賞者には、主催者から在籍校を通じて連絡します。)

表彰式

最優秀賞及び優秀賞に選定された受賞者は、北朝鮮人権侵害問題啓発週間・政府主催イベント(2018年12月15日(土)予定)において表彰式を行います。受賞者及びその保護者等は、表彰式に招待します。

応募・問い合わせ先

〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-17 千代田会館5F 毎日企画サービス
北朝鮮人権侵害問題啓発週間・作文コンクール事務局
TEL:03-6265-6076(土・日・祝日を除く10時~17時)

個人情報の取り扱いについて

応募者の個人情報は、作品の審査、受賞者への連絡のためにのみ使用し、主催者および本コンクール業務受託先が責任をもって管理します。受賞者の名前、所属する学校名及び学年は、本人及び学校から承諾を得た上で、新聞、拉致問題対策本部ホームページ、作品集などで公表させていただきます。