毎日新聞 終活・シニアライフ特集

[PR]毎日新聞「終活・シニアライフ」特集企画毎日新聞 終活・シニアライフ特集

葬儀

実践編

喪主と菩提寺の間で生じやすいトラブル

菩提寺とは異なるお寺で戒名を受け葬儀をするケース

菩提寺があるにもかかわらず、それを知らずに別のお寺で戒名を受けて葬儀をしてしまうケースがよくあります。納骨のときになってから菩提寺があることがわかっても、宗派や戒名の関係から、納骨だけを菩提寺でしてもらうことはできません。
そうした場合は、戒名や葬儀のやり直しをしなければならなくなり、多大な費用がかかってしまうことになります。自分の家に菩提寺があるのかどうかは、あらかじめ家族や親戚にきちんと確認しておきましょう。

菩提寺がある場合は、菩提寺の僧侶から戒名を受け、お経をあげてもらうのが基本です。たとえ菩提寺が遠方であっても、その菩提寺にいったん相談しましょう。葬儀のために遠方まで来てくれる僧侶もいますし、それができない場合には同じ宗派の別の寺院を紹介してもらうこともできます。

位の高い戒名をお願いして断られるケース

お寺に戒名をお願いするとき、高いお布施を包む代わりに高い位の戒名を受けたいと希望して、断られるケースがあります。戒名の位というのは、お布施の金額で決まるわけではありません。本来、高い戒名がつくのは、日頃からお寺に対して金銭的なものを含む功績がある人です。

また、院号のような高い戒名を受けるということは、お寺の護持の責任を引き受けるということでもあります。故人の配偶者や兄弟も同じ位の戒名を受けることになりますから、そのたびに高額のお布施が必要になるのも重要なポイントです。故人一人の位だけを高くするということはできません。

戒名とは、あくまでも仏門に入った証として受けるものであり、高い位の戒名が偉いといったようなものではありません。宗派や菩提寺によって戒名料の相場は異なりますので、戒名を受ける際には菩提寺とよく相談して、故人にとって妥当な戒名を受けるのがよいでしょう。

お布施の相場が高すぎて払えないケース

戒名料や読経料、初七日までの御経料など、お寺へのお布施はどれくらい包めばいいのでしょうか。妥当といえる金額は、戒名の位によって異なりますし、お寺や宗派によっても異なってきます。
そもそもお布施の金額には厳密な決まりがあるわけではないため、もし収入が低いのなら、無理をして高いお布施を包む必要はありません。お布施はあくまでも気持ちであり、金額的に余裕のある部分をお寺に収めるものですから、要求された金額を支払うのが難しい場合は、菩提寺や僧侶に相談することが大切です。

ときには、相場と比較して高額なお布施を要求されることもあるようです。もしも要求された金額を支払えないことで僧侶から文句を言われるようでしたら、その菩提寺との関係を見直す必要があるかもしれません。

お布施がお寺の指定より少ない金額のケース

基本的にお布施の金額を決めるのは、お寺ではなく喪主の方です。とはいえ、自分の判断で包んだ金額が少なすぎると、僧侶からたしなめられることもあるかもしれません。実際、お寺から指定された金額が相場よりも高いかどうかは、戒名の位や葬儀の規模などにもよるため、一概にはいえません。

払えないような高額を要求された場合には、自己判断で少ない金額を渡すのではなく、渡す前にはっきりと事情を伝えましょう。この先も菩提寺と長い付き合いになるのですから、お互いに認識を合わせておくことが大切です。
もし、そのことがきっかけでトラブルになるようでしたら、ほかの檀家や葬儀関係者などに相談してみるのがよいでしょう。

<執筆者>鈴木健久(株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー)
「人と人とのつながりや想いを形にしたい」と日比谷花壇の葬儀サービス「フラワリーフューネラル」に携わる。店頭でのフラワーコーディネートをはじめとして、法人営業や装飾事業など多岐にわたる経験を活かし、葬儀シーンで活躍。

【関連終活情報サイト】
日比谷花壇のお葬式 
http://www.hibiya-lsp.com

ライフサポートプラス
(日比谷花壇運営)
http://life-support-plus.com/
ニュース
過去のニュース
人気の記事

1位養子縁組による5つのメリット・4つのデメリット

2位火葬場に向かうときの基礎マナー

3位喪主と菩提寺の間で生じやすいトラブル

4位喪主と弔問客の間で生じやすいトラブル

5位「直葬」〜その葬儀スタイルが招くトラブル